ちょっとしたコツで効果的な歯磨きを

毎日している歯磨きですが、ちょっとしたコツで虫歯予防の効果が上がる、という事を先日歯医者さんに教えてもらいました。
これは、まず歯磨きを始める時に、はじめは歯磨き粉をつけずに磨く、ということです。これは、歯に着いた汚れをまず、あらかた落とし、汚れが取れた状態になったら初めて歯磨き粉をつけてもう1度歯磨きをすることで、歯磨き粉の成分がより直接歯に染み込むからだそうです。
せっかく、フッ素が配合されていたり、歯のエナメル質をコーティングする成分が配合されていても、それを汚れの上から使用していては効果も半減。ですから、初めは歯の汚れを落とし、その後、歯に必用な成分を付着させる意味も含めて歯磨き粉を使用して歯磨きをするのです。ちょっと順番を変えるだけで、歯磨きの効果が上がるならば、と今では毎日実践しています。

姉妹サイト

http://xn--vbkx51gqvd809cmgv.net/

2013年9月15日Permalink

歯みがき関連グッズとブレスケア

ブレスケアの基本は歯みがきですよね。
気を付けている人は、歯みがきのグッズをいくつもそろえていたりして感心します。
奥歯を磨くための歯ブラシ、普通の歯ブラシ、歯間ブラシいくつか、舌ミガキなどなど、
一人が何種類もの歯みがき関連グッズを取りそろえていたりするのを目にすると、
自分のブレスケアは万全なんだろうかと、心配になったりして。
ともかく、私は歯ブラシ+歯間ブラシの2種類で対応しています。
歯間ブラシも昔は使っていませんでしたが、歯医者さんで進められてからは使うように。
習慣になると、なんてことはないんですけどね。
使うようになって、改めて気付くのが、歯の間って結構よごれているんだなあということ。
そりゃ口臭の原因になっても仕方ないなと改めて思います。

2013年9月14日Permalink

意外にあなどれない口臭

私は接客の仕事をしてるので、常に口臭は気にしています。
口臭と言うくらいなので、オーラルケアは怠りません!
でも、口臭がおこる原因って、お口の中を不潔にしてるだけじゃなくてもおこるみたいです。
胃を悪くしたり、糖尿病になったり、どんなにお口の中を清潔にしていても口臭がおこる事があるみたいです。
要するに、口の中だけじゃなくって、体調管理にも気をつかえよって事でしょうか。
口臭ひとつでも意外に奥が深いものですね…。

2013年9月4日Permalink

私の歯周病対策の仕方

私が毎日鏡の前でしているのは、歯周病対策です。これは鏡を見て歯をチェックしているのです。歯も見て歯茎も見ています。歯茎から血が出たり、歯茎が赤くなっていると要注意です。毎月歯医者へ行っているので、おかしいなと思ったらすぐに、診てもらっているのです。
歯周病はなったら大変と言います。歯が弱って食べれなくなったり、最悪歯が抜ける事もあるのです。そうならないために、毎日の歯周病対策が必要になってくるのです。
人間にとって歯は大事です。もしもなくなったらご飯も大好きなお菓子も食べれません。それだけはつらいのです。
できればいくつになっても、自分の歯で食べていきたいのです。嫌な思いをする前に、しっかりと歯周病対策していきたいです。

2013年9月2日Permalink

気になる口臭の意外な原因とは

自分の口臭って、自分ではわかりにくいからこそ気になるものです。
自分で知らないうちに、相手に口が臭いって思われていたらどうしようと考える事があります。
何か匂いのきつい物を食べた時などの口臭は、自分でも心当たりがあるだけに気づきやすく、そして対策も練りやすいものです。
しかし、そういった心当たりもなく、歯もしっかりと磨いているのにも関わらず口臭が気になる、そんな時が一番厄介ですよね。
もし、上記の様なことに心当たりがないのに、口臭が気になる場合は胃腸の具合が原因ということもあるのだそうです。
実際に私も口臭が気になっていた時、胃腸の具合が悪かった事があり、胃腸が回復するのと一緒に口臭も改善されていった事があります。
口臭って嫌なものだけれど、自分の健康のバロメーターにもなるだなと感じる一件でした。
最近では口臭が気になった時は、歯磨きよりも胃腸をまず気にする様になりました。

2013年7月8日Permalink